寝返りの重要性について

寝返りの重要性について

寝返りとは、寝ている間に横を向いたり、姿勢を変えたりすることです。
寝ている間に20回前後寝返りするといわれています。
寝返りをすることで布団の中の湿気を逃がしたり、温度を調節したり、血行を促したりと 寝返りで得られる効果は様々です。
では寝返りをたくさんしたほうが良いかというと、そんなことはありません。
必要以上に寝返りの回数が多いと睡眠が妨げられ、睡眠の質が低下してしまいます。
身体が寝返りをしたがっているときに、無意識に自然と寝返りができる寝環境が一番重要です。 では、寝返りについてまとめていきます。

lunaire