lunaire

製品化までのプロセス

OEM生産プロセス
この度は弊社ホームぺージを通じまして 寝具のOEM製造等をご検討下さり誠にありがとうございます。
以下ご説明させて頂きます。

まず、お問い合わせ頂く前に、種々ご不安もあろうかと存じますので、布団や枕のOEM生産についてのロットやその他諸条件についてご案内いたします。

基本的に寝具の製造技術を活用できるものであれば、寝具を含め色々な商品化もお手伝いしております。
また、弊社で企画した商品等も購入・販売いただけますし、価格に合わせた商品のご案内も致して居りますので、是非ご相談ください

少し長くなりますが、安心してお取組み頂くためにご説明いたします。

まず、不安となるロットについてです。


【発注ロット数】

弊社ルナールは日頃より問題解決型寝具と取り組み、国内の企業様のオリジナルな商品企画や製造、販売までのお手伝いをさせて頂いております。
そのため、特殊なものは除いて貴社OEM用に必要な資材や生地、中材など汎用でお使い頂けるものはございますので、そのために仕入れたりする負担を軽減でき、ロットは極めて少なく対応できるようになっています。

例えば、通常であれば貴社別注用に資材や材料を仕入れる場合、すべてを使い尽さないとロスが出てしまうためトライアルしようという方々にとっては大きなロットが負担となってしまいます。

弊社では、少ない負担で大きく育てて頂ける商品作りのお手伝いができればと考えておりますので安心してご相談ください 

また、スタートする前の「着手金」や「企画料」「開発費」などは一切頂いておりません。
費用などが発生する際は事前にご相談させていただきますので、全くご心配ございません。

では、本題のお打ち合わせから製品化までの流れをご案内致します。


【製品化までのプロセス】

<❶> 貴社がOEMを依頼される商品についてお聞かせ下さい

どのような種類のものか、何を訴求したい商品なのかなど秘密の部分は別にして、ご希望されている商品の概要をお聞かせください。
弊社でお手伝いできるか、要望に応えられるか判断して進めて参ります。
※進めるにあたり機密事項などある場合にはご要望によりNDA(機密保持契約)等も締結し進めさせていただくこともできます。

<❷> ご要望に沿った商品の概要と製作について

商品の企画と仕様等を打ち合わせいたします。
また、販売から見たコスト等による使用する生地や材料、資材等の選択、構造等の打ち合わせをした上でたたき台となる試作サンプルのご提案をいたします。

<❸> 試作サンプル作り

サンプルのご要望の点等検証いただき、細部を詰めていくと同時にコストも詰めていきます。
実費(材料、加工賃)プラス手間賃程度とお時間だけです。
※これらの段階でご心配いただくような法外な試作代などは発生致しませんのでご安心ください。

<❹> 仕上がったサンプルの改善

改良を打ち合わせて仕様を確定し最終段階サンプルへ取り掛かります。
この時点でお見積も提示し確定して参ります。

<❺> 最終サンプル確認

最終のサンプル確認と同時に、生産計画の打ち合わせと納期を決定しご発注となります。

<❻> お支払い条件

お支払いの条件についてはご相談に応じます。
基本的には商品納入後、お振込みをお願い致します。


【まとめ】

① OEM生産にあたり、機密保持契約の締結も対応可能

② 試作サンプルのご提案、小ロット相談の対応可

③ 試作品のサンプル代金などのご請求は一切なし

④ サンプルの改善確定後にお見積もり

⑤ 最終サンプルご確認

⑥ ご発注時に支払い条件をご相談

以上が製品化までの流れになっております。
臨機応変に対応させていただきますのでまずは気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。


お問い合わせボタン